CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 2006年1月8日 | main | 伝統は守ろう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【電気用品安全法】
日々、口を半開きにしてアホ面全開で生きている俺は
平成13年4月1日から【電気用品安全法】という法律がさりげなく
施行されていていたことなど微塵も知らなかった。

えっ、俺(私)も知らなかった!!
というキミは是非鏡を見てくれ、なかなか立派なアホ面のはずだ。
なぁに恥ずかしがらなくたっていいんだよ!
いいじゃないか、AHO面でも馬面でも…お互い頑張って行こうじゃないか。

で、どんな法律かというと
今年の4月1日から、2001年以前に製造されたPSEマークとやらが
ついていない電気機器などは新品・中古に関わらず販売できなく
なるみたいです。
機器に応じて5〜10年の猶予期間があるみたいなんだけど、いよいよ
今年から該当するものがら出てくるということです。
PSEマークの略は<パパ最近エロすぎ>であると経済産業省から発表が
あったかなかった確認は取れていませんが、この法律は音楽人にも
厄介なことが生じてきます。

※PSE:Product Safety Electrical Appliance & Materials
※菱形マークの特定電気用品(112品目)と丸型マークの特定電気用品以外の
電気用品(338品目)
これっぽっちも発言に責任は持ちませんが、おそらくアンプとか
ラックエフェクターとか電源付きのものが該当しているみたいです。
電池駆動のコンパクトエフェクターはまだ猶予があるんでないかな?
ACアダプターはどうなんだろ、わからん。

あたらしモノ好きな人はそうでもないけど、ヴィンテージ好きの人は痛手だろうね。
プアメンで「中古で買い揃える派」の人も今後は「新品ローンレンジャー」に
ならざるを得ないかもしれない。

違反するとどんな罰則があるかは知らないけど、業者は勿論のこと
個人売買でも常習的に(or 一回でも?)やっていると業者同様
罰則対象になるようです。オシリ百叩きの刑とかか?
安全面とか考えた消費者保護が一応目的らしいけどね…。

果たして、中古・ヴィンテージモノは投売りになるのか
それとも高騰するのでしょうかね〜。
検査を受けてを通れば販売は問題ないんだろうけど
ヴィンテージモノなんて基準クリアできなさそうだし、たぶん車検みたいに
金も掛かるんじゃないかな?っつーことは現在の販売価格に
「検査代が上乗せされる」可能性もあるわけですな。どう転んでも痛い。
(金が絡んでくると、この法律施工に対して暗黒面の力が
働いているんじゃないかと邪推したくなりますよね…)

まぁ、こうなってくると、皆考えます。
「抜け道」を

PSEマークがついていないものを売ると罰則になるならば
『売らなきゃいいんです!』
いつものように楽器屋に行くとですね、★☆新商品入荷☆★みたいな感じで
ポップが貼ってあって、その商品にふと目を向けるとですね
そこに売っているのは『50万円する熊の置物』とか『30万円のマリモ』でして
我々は喜び勇んでそれを購入するわけですよ。

で、隣にある民家に住んでるおばあちゃんに、その『熊の置物』とか
『マリモ』を見せるとですね、おばあちゃんはかなり驚いた様子で
こう言うんですよ。

『嗚呼!それはもしや、ご先祖様が戦後の混乱時に失くしてしまった
「家宝のクマ」では!!あぁ、何と言うことでしょう・・・、お若い方
是非ともそのクマを私めにお譲り下さい…いいえ、勿論タダとは言いません
この50万円相当のヴィンテージアンプをお礼に差し上げますので
是非そのクマをお譲り下さい…お願いしますクマクマクマァ゛ァーーッ!』
みたいな感じでシャウトするんですよ。

これで、見事にヴィンテージアンプをGETですよ。
これなら罰則にならないっぽくない?
やっぱダメかな

っつーかさ、一般家庭レベルの電気製品より先に
安全性追求するものあるでしょ

yuki
| yuki | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brashroar.jugem.jp/trackback/93
トラックバック